上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090612210515
期間限定コラボTシャツ!
ちょっと大きめサイズにしてみました。

元気復活したので、こちらで続きを!こちらはネタバレありです、多分。

めっっっちゃ長いよ。


やっぱり、持つべきものは友だちですね。

というわけで。
一通り泣き、お姉さんたちと少しお喋りしたあとは、譲ってくださいボードの登場です。
私なんかよりもずっと前からボード持ってた女の人もいたから、恥ずかしいとかは全然思わなくて。私のボードを見て、ボードを書いてる子もいたし。ふは。

何より必死でした。細美さん本人に会ったことで貪欲になったというか。
「やっぱり私はライブを観たい!」って思って。

私はビルの入り口付近でボードを持ってたんだけど、しばらくして、さっき私のボードを見て自分のボードを作ったカップルが「下で譲ってもらえましたよ!」って教えに来てくれて。彼女たちは地下にあるジャンクの入り口付近で譲ってもらったみたいで。
こんな、見ず知らずの私にわざわざ走って教えに来てくれてさ…感動だよね。
しかも、それまで私に付き添ってた友人に「一緒に物販並びますか?」って!どんだけいい子なの!神様はちゃんと見てるんだよね、きっと。そんないい子たちだから、譲ってもらえたんだろうな、と。
友人に私の分のグッズも頼み、そこからは一人地下でボードを持って立ってました。
他にも2、3人いました、ボード持ってる人。

でもね、ちょっと経ってからそこにいた人たちみんな、スタッフさんに追い出されたの。近くの飲み屋さんの迷惑になるから、非常階段に行けって。非常階段には物販に並んでる人たちがいたんだけど。
そのときね、ちょうど私の立っていた所の近くに窪みがあったんで、そこにシュッと入り込んでみたの。人ひとり入れる隙間というか。そしたら、スタッフさん何も言わないのね。笑
あ、ココならいいんだ?って思って、友人がグッズ買うまでそこに立ってました。

あのカップルたちはだいぶ前のほうに並んでいたらしく、友人は早々にグッズを購入できたようでした。もし一人で来てたら、グッズ買えなかったかもなー。感謝です。

そういえば、友人がトイレに行っていて一人のときに、ジャンクの前からカラオケ屋の前までラウンドガールみたくボードを頭の上に掲げて往復してたんだけど(恥知らず)、復路で伊澤一葉さんに遭遇しました。
楽屋の入り口のとこで電話していた一葉さん。上半身紫の一葉さん。携帯も紫だったような気がします。電話の相手は林檎ちゃんだったりして…とか妄想。

あと、整列が始まって、「いよいよやばいぞ」って思ってビルの外に出たんだけど、なかなか暇でねー。同じ境遇の人たちとお喋りしてたら、今度はドラム鬼こと柏倉さん登場。ビニール袋をぶら下げて歩いてきた柏倉さん。目が合ったので頷いたら、柏倉さんも頷いてくれました。頷くって何だ。笑
ちょー謎だけど、なんかコミュニケーションできて嬉しかったです。


同じ境遇の人たちとお喋りって言ったけど、最初10代の女の子が話しかけてきて。
音漏れ聴きに行くって言ったら一緒に行きたいって言うので、しばらく上でお喋りしてました。そこでサインの話をしたら、近くにいた男の人も食いついてきて。
結局、私は細美さん以外の話についていけなかったんだけどね。ふはは。


ギリギリまでボード持ってて、帰っちゃった人もいたよ。切ないね。
私よりもずっと前からボードを持ってた女の人は、譲ってもらえたみたいです。結果として、2枚は余っていたようですね。よかったねー。

いや、私もすっごいすっごい観たかったし、中に入りたかったけど、でも、実はライブ中は外でも楽しかったんです。だから、「よかったね」って心から思える。

というのも、音漏れ組が結構いたんだよね。
10人以上はいたもんなー、20人はいないかな?ってくらいだけど。例のごとく、ライブハウス前でのたむろは禁止なので、非常階段のほうでみんなでスタンバイ。


1曲目のGhostのイントロが聴こえた瞬間の、みんなの息を飲む様と言ったら、もう、あれは忘れられないな。ひゅって、みんな背筋ピーンって。
みんな壁の向こうで鳴る音楽に、本気で救われてました。かすかに聴こえるだけの音楽に、顔がほころぶんだよ。やばいよねー。あの空間は素晴らしかった。
2曲目からは人の出入りで扉が開くたびに、みんなで音に集中して「Silver Birch!」「紺碧!」「これはTwisted Maple Treesだね」なんて曲を当ててました。
友人曰く、セトリはだいたいアルバム順だったとか。

扉が開いたときにしかちゃんと聴こえないから、そのときは物凄い前のめりで耳をすますんだけど、物販の姉ちゃんがうるさくてねー。笑
扉の手前に物販があるから、嫌でも話が耳に入るっていう。バイトだもんね、仕方ないよね。だけど、うちらの熱気伝わってたでしょ?ちらちら見てたじゃん?むきー。

そういうのもあって、いつしか音漏れ組は一致団結してました。
でも、むきーって思うんだけど、音が聴こえてくるとそれどころじゃなくて。
アンコールのOdysseyが、奇跡的にワンフレーズだけはっきり聴こえてね、鳥肌。
2回やった紺碧も聴こえたんだ。そして最後「ありがとー!」と言う細美さんの声も。


そっからはもう、あっという間にゴミ箱とかフライヤーとかが用意されて。
非常階段が帰り道になるから、音漏れ組はなんか花道のアーチみたいでした。
出てくる人はみんな汗でびしょびしょ。友人ももれなくびしょびしょ。笑

音漏れ組の方たちに別れを告げ、友人と上へ避難したのでした。


相変わらずめっっちゃ長いけど、まだ続きまーす。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。