上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうだいぶ前だけど、先週の土曜日、大好きなお姉さま(前のバイト先の社員さん)の結婚式の二次会に参加した。

もう本当に綺麗で可愛くて幸せそうで。胸がいっぱいになって泣く私。
『なんでお前が?!』的な視線を感じつつも、泣かずにはいられないほど二人の姿はとても素敵で、あたたかかった。3回ほど涙の波が来たのだけど、一番号泣したのは、なぜか、主役二人の似顔絵(激似)を描いた友人がコメントしているときだった。胸が熱くなったらしい。新婦も泣いてた。

プロポーズの再現とか、ハワイでの挙式の再現とかもしてくれたんだけど、車椅子の新郎が手を伸ばして新婦を抱き寄せる姿がもう本当に良くて(良くてっていう表現もどうかと思うんだけど)。今も思い出しては涙が出てくる。うまく表現できる言葉が見当たらないのだけど、愛ってこんなにも周りの人を幸せにするものなのだなぁと思った。二人の姿は愛に満ち溢れていたの。

二次会のお店を出るときかな、新婦さんにずっと話したくて、でもどうしても話せなかったことを謝りながら話した。そしたら『違う違う、アナタが幸せになることが一番だから』って。抽象的でごめんなさいね。でもそんな感じに言ってくれて。周りから話は聞いていたみたい。やっぱり大好きだと思った。いつもおっとりしていて優しいお姉さまなのに、そういう時はいつも目を見てビシッと言ってくれる。絶対否定しないし、上辺でもない。私の周りには素敵な大人がいるんだ。

久々に話した店次長さんとの話もすごく為になった。だって、何となく似てるから。『大人として』アドバイスをくれた彼女の言葉は、わかっているけどそう思いたくなかったことで、だけどそれがやっぱり自分の為なんだと思った。『自分を幸せにしてくれるものを選んでいくしかない』そんなことを言っていた。たくさん考えて、感じて、私よりも長く生きている大人たちには敵わないよな。
結局、すべてエゴ。自分が苦しまないためのエゴ。
それが逆の効果をもたらしてしまっていることには気付いていたけど、私はどこまでも偽善者だから、どうしても引けずにいたんだ。そんなの思いやりじゃないのに。傷付く人が増えるだけなのに。
人生の先輩の話を聞きながら、エゴ丸出しの自分を少し恥ずかしく思った。

私の周りには素敵な大人たちがいるよ。だから私はもう「大人になりたくない」なんて思わない。私も、彼女たちみたいに素敵な大人になるんだ。

明日は金曜日!一生懸命楽しんで生きていると、一週間が早い。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。